「何を学習するか」についての課題

 

   外国語の学習には様々な要素が含まれます。学習者には、どの段階で何を学ぶかに関する系統的なガイダンスが必要です。私たちが提供するアプリは、スマート・スマートの創設者が、30人以上のメンバーから成る研究チームと協働で行った科学的研究を基に開発されました。アプリに含まれる全項目は、正当な科学的根拠に基づいて選定された基礎的な英語の語彙やイディオムですが、大学生でもこれらの基礎を殆ど備えていないという事実が数々の研究で明らかになっています。そのため、アプリの内容は大学生や大人の方に適していますが、中学生位の早い時期からこれらの内容を学び始めることができれば理想的です。

 ユーザーの皆さんにはまず、日本人向けに作られた無料の英語発音アプリを使い2週間発音の学習をすることをお薦めします。次に、日本人が間違え易い英語をまとめたアプリ「間違い易い英語」を使って学習します。このアプリに含まれる200の項目は、8週間で習得することが可能でしょう。その後は、英語マスター10,000(習得に要する期間約3年)、あるいは、学習時間が限られている場合は英語マスター3,000(習得に要する期間約一年間) を使って学習することをお薦めします。これらのアプリはいずれも、学習者が英語で頻繁に使われる単語やイディオム、文法をマスターするのに役立ち、全般的な英語能力やTOEICのスコアの向上に役立ちます。  

 次にお薦めするのは、日本人学習者向け「上級英単語」のアプリです。このアプリに含まれる2,700語の単語は約一年で習得でき、アカデミックな英単語の知識やTOEFLのスコア向上に役立ちます。その後、非常に高レベルなスキルを更に習得したいと考える学習者の方には、日本人向け「英語慣用句」アプリをお薦めします。このアプリに含まれる500の慣用句は、10週間で簡単に習得することが可能です。

 そして最後に、無料アプリ「ジャンル」を使い、リーディングやリスニングの練習を約10週間行うことをお薦めします。「ジャンル」での学習を終えた時点で、学習者の英語力は非常に高度なレベルに達していますので、その後は英語での読書や映画鑑賞などを通じ、自分の力で英語を上達させて行くことが可能になります。

 英語マスター10,000を選択した場合、全アプリを制覇するのに5年、英語マスター3,000を選択した場合は、約3年で全アプリを制覇することができるでしょう。

© 2016 Smart Smart Educational Materials

  • facebook-square