グループ暗記法

効率と学習意欲を高める語学学習法

言語学習は、何万もの単語や語句の習得を必要とする生涯にわたるプロセスである。第二言語の学習において、そのような大量の情報を習得することは、特に、学習者が外国語を使って、ネイティブ・スピーカーとコミュニケーションを図ることを楽しみ、外国文化を学ぶというレベルにまで至っていない初期の段階においては、気が遠くなるような作業であると感じられることが多い。

 

多くの学習者は外国文化を学ぶことを通じ、その大変な作業にやりがいを感じるが、中には早い段階でやる気を失い、学習をやめてしまう者もいる。従って、この初期段階での困難を乗り越えるために必要なサポートを学習者に提供する、という明確な必要性が存在する。

 

授業内での活動は、教育目標を効率的な方法で達成しながらも、学習者が学習意欲を保持できるような楽しい活動であるというのが理想だ。しかし、効率的なアクティビティーはあまり楽しいものではなく、逆に楽しいアクティビティーはあまり効率的ではないことが多い。

 

一方、グループ暗記法 (Group Memorization Method)は、効率的かつ、学習意欲を大幅に高めるアクティビティーである。情報を長期記憶として保つために学習者の脳が必要とする環境的刺激についての、根拠に基づいた妥当な科学的理論を基にしており、1,000人以上の学習者が支持する非常に人気の高いアクティビティーとして、長年にわたり証明されている。本論文では、この学習法の理論的背景、具体的な実践方法、そして、期待される効果について述べている。

 

※ 動画に登場する全ての学生より、動画の掲載に関して書面による承諾を得ております。

© 2016 Smart Smart Educational Materials

  • facebook-square